日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

外科

医療機関の認定

日本外科学会専門医・認定医修練施設
日本消化器外科学会専門医・認定医修練施設
肝胆膵外科高度技能専門医制度修練施設A認定
地域癌診療連携拠点病院、日本乳癌学会関連施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設

現状及び特色

 当院外科は、癌診療を中心に救急・一般外科まで広く診療を行っています。当科の治療方針決定は、癌に関しては10年以上前より関連他科との合同カンファレンス(キャンサーボード)にて決定しており、個々の患者さんに最適な治療を提供できるよう心がけております。

 以前は主治医、副主治医の数名で患者さんを受け持っていましたが、現在は疾患グループ単位で複数の医師で担当するようにしました。疾患グループで行われるミーティングでは患者さんの状態をグループ全体で共有し、きめ細かい周術期管理が行えるようになっています。

 呼吸器外科を除く外科スタッフは、現在9名+研修医ですが特に専門性の高い領域は、肝・胆・膵の癌は福澤、食道癌は岩城が責任をもって診療にあたっています。また胃癌、大腸癌等の一般消化管は高橋、廣重をはじめとした消化管外科専門医を中心に担当しています。また化学療法は専門資格を取得しています高橋が中心に担当しています。

 この数年の大きな変化としては鏡視下手術が更に増加しており食道癌手術や大腸全摘術もほとんど鏡視下に手術を行っています。系統的肝切除や膵頭十二指腸切除等の鏡視下手術も当院は7年前より本格的に準備・導入を行い高度先進医療や臨床治験として症例を蓄積し手術の施設基準をクリアしておりますので適応のある症例に対して積極的に行っています。

 現在大分県内における腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の施設認定は当院のみが取得しており、手術時間も導入当時と比べ半減し現在は4時間台で手術を終ることも多くなりました。特に高齢者においては膵頭十二指腸切除を腹腔鏡下に行うことにより、術後の回復が極めて早くなってきておりよい適応と考えています。

 またIR(赤外光)観察可能な鏡視下手術装置を用いた肝切除や消化管手術においてより精度、安全性の高い手術が可能となっています。

診療担当表

医師紹介

福澤 謙吾 ふくざわ けんご

副院長・統括外科部長・眼科部長・耳鼻咽喉科部長

専門分野
消化器外科全般(特に肝胆膵外科)
乳腺外科、移植外科
専門医・認定医
The Best Doctors in Japan
肝胆膵外科2010-2015
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本がん治療認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本肝臓学会専門医
日本内視鏡外科技術認定医(消化器一般外科:肝臓)

廣重 彰二 ひろしげ しょうじ

第一外科部長

専門分野
消化器外科(特に内視鏡外科)
専門医・認定医
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん治療認定医
日本がん治療認定医
日本臓器保存生物医学会評議員
日本コンピュータ外科学会評議員

岩城 堅太郎 いわき けんたろう

第二外科部長

専門分野
消化器外科(特に肝胆膵外科・内視鏡外科)
専門医・認定医
医学博士
日本外科学会専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本肝臓学会専門医
日本食道学会食道科認定医
大分大学医学部臨床教授

實藤 健作 さねふじ けんさく

第一外科副部長

専門分野
肝胆膵外科
内視鏡外科
専門医・認定医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん治療認定医
がん治療認定医・指導責任者
肝胆膵外科学会評議員・高度技能専門医
麻酔科標榜医
医学博士
Members of WJSP editorial board

吉住 文孝 よしずみ ふみたか

第二外科副部長・医療社会事業部長

専門分野
消化器外科(特に消化管外科)
専門医・認定医
日本外科学会専門医

川崎 貴秀 かわさき たかひで

第二外科副部長

専門分野
消化器外科
専門医・認定医
日本外科学会専門医

栗原 健 くりはら たけし

第一外科医師

専門分野
消化器外科(主に肝胆膵外科)
専門医・認定医
日本外科学会専門医

佐々木 駿 ささき しゅん

第一外科医師

専門分野
消化器外科(主に消化管外科)
専門医・認定医
日本外科学会専門医

北川 雅浩 きたがわ まさひろ

第二外科医師

専門分野
消化器外科
専門医・認定医

実績

 呼吸器外科を除く昨年1年間の手術室での手術症例数は788例でした。月~金まで毎日手術を行っています。悪性腫瘍の手術症例は319例で全手術症例の40%にあたります。特に食道癌、肝癌、胆嚢・胆管癌、膵癌等の高難度手術の割合が多く地域癌診療連携拠点病院としての役割を果たしていると思います。

 手術の内訳ですが消化管手術は228例で、消化管の主要手術は、食道癌7例、胃癌34例、大腸癌80例でした。消化管の癌に対しては、食道亜全摘、胃全摘、胃切除、結腸切除、直腸切除・切断等を高度進行症例以外は鏡視下手術で対応しています。

 肝胆膵外科の充実は当科の特色ですが昨年も338例の手術を行い、その内肝切除が74例、膵切除が79例とHigh volume centerとして高難度手術に取り組んでいます。

 肝胆膵外科高度技能専門医制度の修練施設としてはA認定(高難度手術数が年間50例以上であることが施設基準で、当院は昨年97例施行しています)を受けています(全国で121施設、九州で14施設が認定、大分では2施設のみ)。肝胆膵領域の癌手術件数では大分県で1位、九州でも常時5位前後にランキングされています。

 膵切除症例の内訳は、膵頭十二指腸切除(PD)50例(腹腔鏡下PD 7例、HPD2例)、膵体尾部切除25例(DP-CAR 2例、腹腔鏡下DP 11例)、膵中央切除1例、膵全摘3例でした。特に膵頭十二指腸切除術はハイボリューム施設(年間20例以上手術症例)を15年連続でクリアしています。最近10年間の肝切除における周術期輸血率は4.9%(鏡視下肝切除では0.7%)で、低侵襲の鏡視下手術を基本としています。

 膵癌に関しましては福澤副院長の肝移植経験をいかした血管合併切除や腹腔動脈幹合併切除による拡大手術も積極的に行っていますし、局所進行のボーダライン膵癌では術前化学療法を積極的に導入し(約20%)膵癌切除率の向上と術後成績向上に努めています。また低悪性度腫瘍に対しては膵頭十二指腸切除にも鏡視下手術を施行しています(大分県では唯一施設基準を満たしておりこれまで36例に施行しています)。

 乳癌は診断器機の充実、手術、化学療法、放射線治療による集学的治療が重要な分野です。当院ではマンモトームが導入されており非触知早期乳癌の診断に貢献しています。病理診断医が常勤ですので乳房の温存手術、センチネルリンパ節生検も積極的に取り入れています。外来化学療法室や外来放射線治療なども充実していますので集学的な乳癌治療が可能です。昨年の乳癌手術数は15例でした。

 現在各疾患分野に外科手術のスペシャリストを擁しており、今後とも皆様の御期待に沿えるよう質の高い外科医療を実践していきたいと思っています。