日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

脳神経内科 脳血管内科

医療機関の認定

日本神経学会教育関連施設

現状及び特色

 当科は平成24年4月に開設され、平成29年1月からは常勤医3人となり、より充実した神経内科の診療を提供できるようになりました。

 神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の疾患を扱う診療科ですが、脳卒中、意識障害、脳炎・髄膜炎などの神経救急疾患から、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患、多発性硬化症、重症筋無力症などの神経免疫疾患、片頭痛、てんかんなどの機能性疾患、末梢神経障害、筋疾患など幅広い疾患を対象としています。

 特に当科では24時間365日体制で脳卒中診療に対応し、脳卒中の急性期治療ならびに発症予防に力を入れています。また、神経変性疾患、神経免疫疾患、末梢神経障害などを含めた神経内科疾患全般の診療の強化にも努めております。

 麻痺、しびれ、構音障害、起立・歩行障害、頭痛、めまい、けいれん、意識障害、物忘れなどの症状は神経内科が専門に対応しています。外来は月曜日から金曜日まで毎日行っています。ご紹介いただければ、いつでも対応させていただきますので、宜しくお願い致します。

診療担当表

医師紹介

森 敏雄 もり としお

脳神経内科部長

専門分野
神経内科
専門医・認定医
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本内科学会認定医

荒川 竜樹 あらかわ りゅうき

脳血管内科部長

専門分野
神経内科
脳卒中
専門医・認定医
日本神経学会神経内科専門医
日本内科学会認定内科医

片山 徹二 かたやま てつじ

神経内科医師

専門分野
神経内科
専門医・認定医
日本内科学会認定医

実績

年間外来延べ患者総数:3952名
年間入院患者総数:245名

①脳血管障害 97名 
 ・脳梗塞(TIAを含む) 79名(rt-PA静注療法 5名、血管内治療 4名)
 ・脳出血・くも膜下出血・硬膜下血腫 12名
 ・頸動脈狭窄等 3名
 ・その他 3名

②めまい症(末梢性めまい)13名 
③てんかん 35名 
④変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、認知症、ALSなど)13名
⑤脊髄・脊椎疾患(頸椎症性脊髄症、脊柱管狭窄症など)3名
⑥感染性疾患(髄膜炎、脳炎、HTLV-1関連脊髄症など)12名
⑦末梢神経障害(Guillain-Barré症候群、CIDPなど)19名
⑧脱髄性疾患(ADEM)1名
⑨筋疾患(多発筋炎、横紋筋融解症など)11名
⑩自己免疫性疾患(非ヘルペス性辺縁系脳炎)3名
⑪その他 38名