日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

泌尿器科

 当科は、専門性の高い手術治療を中心に診療を行っていますが、特に、尿路内視鏡手術、腹腔鏡手術、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)などの最小侵襲手術と、急増している前立腺癌の診断治療に力をいれています。

医療機関の認定

日本泌尿器科学会専門医基幹教育施設
日本透析医学会専門医教育認定施設
泌尿器科腹腔鏡技術認定研修施設

現状及び特色

 平成28年は今川全晴(部長、日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医、泌尿器科腹腔鏡技術認定医、がん治療認定医)、佐藤竜太(日本泌尿器科学会専門医、がん治療認定医、泌尿器科腹腔鏡認定医)、渡辺大の常勤医師3名で診療にあたりました。

 当科は、尿路・男性生殖器および副甲状腺、副腎などの内分泌臓器まで、泌尿器科領域を幅広く、専門性の高い手術治療中心の急性期医療を主体に診療を行っています。

 具体的には①尿路性器癌(腎、尿管、膀胱、前立腺、精巣など)、②尿路結石症、③老年期の排尿障害(前立腺肥大症、尿失禁、過活動膀胱など)、④副腎や副甲状腺の内分泌外科、⑤透析療法などです。特に①、②の診断および治療が中心で、できるだけ患者さんの体に負担のかからない低侵襲治療(腹腔鏡、内視鏡手術)を心がけています。

 腹腔鏡手術は、副腎や腎、尿管などに対して第一選択として積極的に行っています。近年、早期の腎細胞癌発見が増えており、また、慢性腎臓病(CKD)が注目されており、腎機能温存のため、小径腎細胞癌に対して腹腔鏡下腎部分切除術を積極的に行っています。

 尿路結石治療に対しては、これまで体外衝撃波尿路結石破砕術(ESWL)を第一選択としてきましたが、近年の治療主体はレーザーによる内視鏡的尿路結石砕石術(経皮的、経尿道的)に変遷し、なるべく1回の治療で完結するようにしています。また最近はサンゴ状腎結石など治療困難な結石症例にもチャレンジしています。この尿路結石治療は、県内トップレベルにあると自負しています。

 手術不能の転移性腎細胞癌には、新規分子標的薬治療を、またホルモン抵抗性(去勢抵抗性)前立腺癌には、新規ホルモン剤、抗がん剤、RI治療を、積極的に導入し、満足のいく効果が得られています。

診療担当表

休診 今川 全晴 今川 全晴
(紹介・予約のみ)
休診 今川 全晴
休診 佐藤 竜太 佐藤 竜太
(紹介・予約のみ)
休診 渡辺 大
手術日等
月曜日 水曜日(午後) 木曜日

医師紹介

今川 全晴 いまがわ まさはる

泌尿器科部長

専門分野
泌尿器科
内視鏡手術
腹腔鏡手術
腎不全(透析、CAPD、腎移植)
内分泌外科(副腎、副甲状腺)
専門医・認定医
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析学会専門医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
がん治療認定医
日本泌尿器科学会西日本支部評議員
日本泌尿器内視鏡学会代議員
日本内視鏡外科学会評議員
大分大学医学部臨床教授

佐藤 竜太 さとう りゅうた

泌尿器科医師

専門分野
尿路悪性腫瘍
専門医・認定医
医学博士
日本泌尿器科学会専門医
日本がん治療認定医

渡辺 大 わたなべ だい

泌尿器科医師

専門分野
泌尿器科
専門医・認定医

実績

 外来は週2.5日、受診数約50~80人/日、紹介率60~70%でした。入院定床は16床で、入院数10~16人/日、病床利用率70~100%、平均在院日数は7~10日でした。

 手術室での手術件数(生検を含む、ESWLを除く)は409件であり、麻酔法別では全身麻酔115件、腰椎麻酔171件、硬膜外麻酔77件、局所麻酔その他46件でした。

 手術別では尿路内視鏡手術が267件で、このうち尿管ステント関連が98件と最も多く、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)が65件、経尿道的尿管砕石術(TUL)が過去最高の51件を占めました。

 腹腔鏡手術は35件で、体外衝撃波尿路結石破砕術(ESWL)は新患42件で減少傾向でした。悪性手術件数は122件で増加傾向にあり、このうち腎細胞癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌等の悪性腫瘍根治手術は計55件でした。詳細は下記のとおりです。

 

●【手術統計(悪性)】(体腔鏡手術)

 

腎細胞癌

 ・根治的腎摘術  11例(10例)

 ・部分切除術   6 例(5例、補助1例)

 

腎盂尿管癌 全摘   17例(17例)

 

膀胱癌

 ・TUR       65件

 ・膀胱部分切除術  0例

 ・膀胱全摘術    3例

 ・回腸導管     3例

 ・尿管皮膚瘻    2例

 

膀胱平滑筋肉腫 TUR  1例

前立腺癌 RRP     14例

尿膜管癌 全摘+膀胱部分切除術  2例

精巣癌  2例

 

合計   122例

 

●【手術統計(良性)】

 

副甲状腺

 ・原発性  2例

 ・続発性  1例

 

尿路結石症

 ・ESWL  42例

 ・PNL   1例

 ・TUL   51件

 ・経尿道的膀胱砕石術9例

 

良性腎腫瘍   1例(AML 1例)

前立腺肥大症  15例(TUR-P 15例)

除睾術     22例

陰嚢水腫    3例

精巣捻転    1例

尿膜管     6例

鼠径ヘルニア  1例

 

●【手術統計(処置、検査、その他)】

 

経皮的腎瘻術         1例

経皮的後腹膜ドレナージ術   1例

経尿道的尿管ステント留置術  60件(抜去術38件)

経尿道的尿管瘤切開術     1例

経尿道的電気凝固術      16例

膀胱内凝血塊除去術      2例

尿道狭窄内視鏡手術      10例

包茎             6例

外尿道口切開         1例

CAPD留置術        10例

CAPD抜去術        7例

前立腺針生検         87例(うち陽性56例 64%)

 

●【体腔鏡手術疾患の内訳】

 

腎癌     16例(部切 6例)

 

腎盂尿管癌

 ・腎盂癌  7例

 ・尿管癌  10例

 

良性腎尿管疾患

 ・AML   1例

 

精索静脈瘤  1例