日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

消化器内科

【患者の皆様へ】

 私たちの専門領域は食道・胃・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・胆管・ 膵臓の疾患です。これらの領域の癌の診断や内視鏡治療をはじめ、胆石、総胆管結石、 膵炎の内規鏡治療や第2の国民病といわれるC型、B型肝炎の診療を肝胆膵内科と協力しながら取り組んでいます。

 さらに当科の特徴として潰瘍性大腸炎やクローン病の診断・治療に力を注いでいます。気軽にご相談頂けるようお願い致します。

医療機関の認定

日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本消化管学会指導施設

現状及び特色

 消化器内科は食道、胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢さらに腹膜疾患など広い領域の病気を扱う科です。我々は、腹部にかかわる症候・疾患に対してまず窓口として対応させていただきます。肝胆膵内科と協力し、また外科、放射線科、泌尿器科、産婦人科とも密に連携しあらゆる可能性を検討し、集学的な診断と加療を心がけております。

 特に日赤病院の役割としての救急医療には、24時間365日体制で近隣の開業医の救急患者の受け入れに迅速に対応させていただきます。

 その上で、当科では高度な消化管の専門治療を要する病気の診断・治療に、特に力を注いでいます。

 当院では県内でもいち早くNBI(narrow band imaging:狭帯域光観察)を導入し、現在ではほぼすべての消化管の内視鏡検査においてはNBI併用拡大内視鏡検査が可能な検査体制を整えています。当科では発見が難しいとされる咽頭(のど)から食道・胃・十二指腸および大腸検査のきめ細かい内視鏡検査に取り組んでおります。

 内視鏡的切除(内視鏡的粘膜下層剥離術、ESD)についてはこれまで多くの症例を行ってきております。食道・胃・十二指腸および大腸腫瘍の内視鏡的切除(内視鏡的粘膜下層剥離術、ESD)は、2019年は159例でした。2009年7月から2019年12月までのESD加療の治療成績は一括完全切除率(取り残しがない一括切除)が胃腫瘍97.1%(607/625)、 食道腫瘍100%(110/110)、 大腸腫瘍95.9%(187/195)と良好な成績を収めております。

 治療結果は必ず1枚のサマリーを作成し、患者さんおよび紹介医の先生に分かりやすい病状説明を行っております(図1)。食道・胃・大腸がんの治療について最も重要な、常に根治度を優先した適応選択を心がけ、安全で満足いただける内視鏡治療を提供できるよう日々努力しております。

 週1回はESD症例の内視鏡・病理カンファ等を行い、症例を丁寧に見直して、診断力の向上に努めております。

(図1)

 さらに当科の特徴として炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の診断、治療に力を注いでいます。これまで多くの炎症性腸疾患症例を経験しており、難治例や重症例の受け入れを積極的に行っております。炎症性腸疾患の治療として内服のみならず血球除去療法や生物学的製剤を積極的に導入しております。クローン病の診療には欠かせない小腸評価に関しましては、小腸造影検査・MR enterography・ダブルバルーン小腸内視鏡・カプセル内視鏡などのモダリティを用い、症例に応じて組み合わせて評価を行い、治療につなげています。

 また、小腸の狭窄病変に対して内視鏡的拡張術が可能な症例については積極的に拡張術を行っております。小腸出血や小腸腫瘍に対してもカプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡での診断・治療に力を注いでいます。

 クローン病、ベーチェット病等の小腸病変を有する新規の症例については、小腸を含めた病勢の把握のため、サマリーを作成し、患者さんおよび紹介医の先生に分かりやすい病状説明を行っております(図2)。

(図2)

 また、大腸内視鏡検査においては、2019年10月より新型細径大腸内視鏡(PCF-PQ260L)を導入し、挿入困難症例や高齢女性患者に対し、苦痛なく負担の少ない大腸検査を心がけております。

診療担当表

医師紹介

上尾 哲也 うえお てつや

消化器内科部長

専門分野
消化器全般
治療内視鏡
専門医・認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本ヘリコバクター学会認定医
日本消化管学会指導医
日本消化器内視鏡学会学術評議員
日本消化器病学会九州支部評議委員
日本消化器内視鏡学会九州支部評議委員
大分大学医学部臨床教授

髙橋 晴彦 たかはし はるひこ

消化器内科副部長

専門分野
消化器内科
専門医・認定医
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会専門医・指導医
日本ヘリコバクター学会認定医
日本消化器内視鏡学会九州支部評議員
日本消化器病学会九州支部評議員
大分大学医学部臨床講師

勝田 真琴 かつた まこと

消化器内科医師

専門分野
消化器内科
専門医・認定医
日本ヘリコバクター学会認定医

秋山 英俊 あきやま ひでとし

消化器内科医師

専門分野
消化器内科
専門医・認定医
麻酔科標榜医

下森 雄太 しももり ゆうた

消化器内科医師

専門分野
消化器内科
専門医・認定医
大分DMAT

峯崎 大輔 みねざき だいすけ

消化器内科医師

専門分野
消化器内科
専門医・認定医

実績

診療実績 (2019年の年間検査・治療のおもな件数は下記のとおりです。)

上部消化管内視鏡検査           約4761件
下部消化管内視鏡             約1937件
内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD)         約159件
内視鏡的ポリープ切除術ないし粘膜切除術  約433件
小腸内視鏡・カプセル内視鏡検査      約114件
内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査      約346件
超音波内視鏡検査             約375件
内視鏡的止血術              約86件
食道・胃静脈瘤内視鏡治療         約31件
胃瘻造設術                約26件
イレウス管挿入術             約19件