日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

放射線科

 放射線科の常勤医は5名で、いろんな診療科や外の病院からの依頼に応じて、様々な診断装置を使い病気の診断をお手伝いします。また、放射線治療や血管造影装置などの診断機器を利用した治療(IVR)を行っています。

【放射線治療装置について 米国(Varian社製 CLINAC2IEX OBI)】

 当施設の放射線治療装置には5-10mm幅のマルチリーフコリメータ(可変型照射野絞り装置)が60対装備されています。このマルチリーフコリメータを用いることにより病変の形状にあった設定が可能になります。正常な臓器への不要な照射を避けることができ、患部に正確に放射線を集中することによって、副作用を極力抑えることが可能になりました。

 定位的放射線治療周りの正常組織にはできるだけ放射線をあてないようにしながら、高線量の放射線をピンポイントに照射する高度な治療も可能です。OBI(オンボードイメージ)は、治療装置に特別装備された透視装置です。治療部位を三次元で正確に確認することができ、鮮明でヒバクの少ない照射前の位置確認透視画像が短時間に得られます。

※強度変調放射線治療(IMRT)

 
【核医学検査装置(SPECT・CT)  RI核医学検査装置】

核医学検査とは
・頭部SPECT検査では主に脳の血流を調べます。脳梗塞や痴呆を診断したり、血管手術の効果を調べたりします。
・心筋SPECT検査では心筋梗塞・狭心症などを調べることができます。
・腫瘍や炎症などが診断できます。X線写真より早期に異常を発見できる場合があります。

SPECT・CTの有用性
・異常の有無がわかりやすくなり、同時に正確な位置情報を得ることができます。
・総検査時間の短縮と被ばく低減を実現します。

page2-17-img01
米国(Varian社製 CLINAC2IEX OBI)

page2-17-img02
核医学検査装置(SPECT・CT)

医療機関の認定

日本放射線科専門医修練施設

現状及び特色

 当院の放射線科・放射線部には5名の常勤医、15名の診療放射線技師、5名の看護師、2名の事務員が在籍し、画像診断、IVR、放射線治療の業務を行っています。

 画像診断はCT検査、MRI検査、超音波検査、血管造影検査、核医学検査、消化管造影検査、乳腺撮影、一般撮影など、多くの診断機器を用い、幅広い分野の診断を行っています。

 IVRの部門では肝臓癌の動注塞栓療法を中心に頭頚部癌やその他の悪性腫瘍に対する抗癌剤動注療法、喀血や消化管出血・外傷性出血に対する動脈塞栓術、胃静脈瘤に対するBRTOなどの血管内治療を行っています。

 その他にもCTガイド下の内臓神経ブロックや腫瘍生検、膿瘍ドレナージなどの非血管系IVRも施行しています。

 放射線治療に関しても位置照合機能に優れたVarian社製放射線治療装置を用い、肺癌に対する定位放射線治療の他、頭頚部癌、乳癌、肺癌、食道癌、肝臓癌、膵臓癌、前立腺癌、転移性骨腫瘍など、様々な癌の治療を行っています。

 また昨年から前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)も開始しました。内照射も前立腺癌骨転移に対するゾーフィゴ治療(Ra-223)を行っています。

 大分大学との密接な連携もあり、あらゆる分野で質の高い医療の提供ができるように心がけています。

診療担当表

医師紹介

髙木 一 たかき はじめ

放射線科部長

専門分野
放射線診断学
放射線治療学
IVR
専門医・認定医
日本医学放射線学会放射線診断専門医

山田 康成 やまだ やすなり

放射線科副部長

専門分野
放射線診断学
専門医・認定医
日本医学放射線学会放射線診断専門医

中山 朋子 なかやま ともこ

放射線科部副部長

専門分野
放射線診断学
専門医・認定医
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会核医学専門医
PET核医学認定医

原 彩香 はら あやか

放射線科医師

専門分野
放射線科一般
専門医・認定医
日本医学放射線学会放射線科専門医

馬場 博 ばば ひろし

放射線科医師

専門分野
放射線科一般
専門医・認定医

診療実績

●診療実績(2021年)

【放射線診断】読影件数:30881件
CT 20914件、MRI 5484件、核医学検査251件、超音波検査498件,マンモグラフィー 3153件、消化管造影検査539件、血管造影検査42件

【IVR】
<vascular IVR 35件>
肝臓癌 TAE/TAI 19件、動注リザーバー留置1件、消化管出血に対する動脈塞栓術2件、仮性動脈瘤塞栓術3件、BRTO 2件、上腸間膜動脈血栓溶解術1件、直腸動静脈瘻に対する動脈塞栓術1件、喀血に対する気管支動脈塞栓術 1件、頭頚部癌に対するTAI 3件術前動脈塞栓術1件、副腎静脈サンプリング1件

<non-vascular IVR 10件>
CTガイド下生検9件、CTガイド下膿瘍ドレナージ1件

【放射線治療】新規患者数 192名、延べ治療件数 4977件

体幹部定位放射線治療(肺癌)6名、IMRT(前立腺癌)19名
RI治療:Ra-223治療58件

 

●業績集

【論文】
3 年後の CT 画像で膵尾部に嚢胞性病変として認められた神経鞘腫の 1 例. 姫野貴司,山田康成,髙木一,中山朋子,原彩香. 臨床放射線. 66(5):509-513.2021
Retrospective evaluation of venous phase contrast-enhanced computed tomography images in patients who developed pancreatic adenocarcinomas after treatment for nonpancreatic primary cancer. Ryo Takaji, Yasunari Yamada, Ryuichi Shimada, Shunro Matsumoto, Tsutomu Daa, Yuichi Endo, Masafumi Inomata, Yoshiki. British Journal of Radiology Open Jul 5;3(1):20200069 2021
読影補助.中島浩二.日本赤十字社放射線技師会電子会誌.4:2021

【学会、研究会発表】
●漢方長期内服に起因した腸間膜静脈硬化症の2例. 原彩香,山田康成,中山朋子,姫野貴司,髙木一,上尾哲也,米増博俊,浅山良樹. 第192回日本医学放射線学会九州地方会.第56回日本核医学学会九州地方会. WEB開催.2021年2月7日大分県大分市

●肝嚢胞の圧迫による肝外門脈狭窄症をきたした肝外門脈体静脈短絡の一例. 宮永拓,井手里美,丸野美由希,清末一路,浅山良樹. 第192回日本医学放射線学会九州地方会.第56回日本核医学学会九州地方会. WEB開催. 2021年2月7日大分県大分市

救急疾患のCTにおける当院の放射線技師の役割.中島浩二.第29回大分県放射線技師研究会2021年11月20日大分県大分市