日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

眼科

 これまで数年間当院眼科は週1回入院患者のみの診療でしたが、令和3年4月から池辺が常勤医として着任し、外来診療は月曜から金曜まで行っています。

 眼科疾患全般にわたり対応します。手術は火曜午後に白内障手術をメインに行っています。

医療機関の認定

日本眼科学会専門医制度研修施設

現状及び特色

 令和3年4月から常勤体制となり月曜から金曜まで診療しています。眼科全般に対応しており、糖尿病網膜症などに対するレーザー光凝固術や黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の硝子体内注射も行っています。

 5月からは白内障手術を開始しました。糖尿病をはじめ眼科に関わる全身疾患は多く、それぞれの診療科からの診療依頼に対応しています。一方眼症状から全身疾患が疑われる場合はすぐに当該科にコンサルトできるのは総合病院の強みです。

 なお難症例や網膜硝子体手術は大分大学と連携して診療を行っています。

診療担当表

医師紹介

池邉 徹 いけべ とおる

眼科医師

専門分野
眼科
専門医・認定医
日本眼科学会専門医

診療実績

令和3年5月から12月までの手術件数は、白内障手術41件(うち全麻1件)、眼窩脂肪ヘルニア整復術2件、翼状片1件で計44件でした。これらのうち90歳以上の超高齢者の手術が13件ありました。手術以外での入院患者は角膜潰瘍2例、ぶどう膜炎1例、甲状腺眼症1例でした。