日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

脳神経外科

現状及び特色

 脳神経外科とは脳、脊髄、末梢神経系およびその付属器官(血管、骨、筋肉など)を含めた神経系全般の疾患のなかで主に外科的治療の対象となりうる疾患について診断、治療を行う医療の一分野です。脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、髄膜炎や脳膿瘍などの炎症性病変、頭痛・めまいの診療、てんかん、顔面痙攣に対するボトックス注射、認知症の画像診断など多岐にわたります。

 また、脳卒中の二次予防などのアフターケアも外来で行い、高血圧、脂質異常症などの治療や生活指導などもしております。

 脳神経外科外来日は月曜日から木曜日の午前中ですが、脳卒中が疑われる症例や頭部外傷などありましたら、御紹介いただければ診察いたします。

 また、外傷後の慢性頭痛・頸部痛・腰痛、慢性的なめまい・フラツキ、のぼせ・冷え症などありましたら、東洋医学的診療も行いますので、気軽に御紹介して頂ければ幸いです。

診療担当表

医師紹介

郭 忠之 かく ただゆき

脳神経外科部長

専門分野
脳神経外科
救急医療
漢方診療
専門医・認定医
日本脳神経外科学会専門医
老人保健施設管理医師
ICLS、JPTEC、JATEC

診療実績

〈診療実績〉

2021年1月-12月
脳神経外科入院総数 61人

内訳(疾患別):脳内出血 9人 クモ膜下出血1人 脳梗塞・TIA 4人 
頭部外傷(外傷性SAH、急性硬膜下血腫、脳挫傷、脳震盪など)17人
頭部外傷(軽傷) 7人
慢性硬膜下血腫 4人 脳腫瘍 5人(転移性脳腫瘍4人) 
てんかん 5人(延べ) その他 8人

手術の総数:6件  
穿頭血腫ドレナージ術 4件
定位血腫吸引除去術 1件
定位脳膿瘍穿刺術 1件
ボトックス注射例 3例

〈業績集〉

【発表】
●第29回日本脳神経外科漢方医学会学術集会 web開催
『頭部顔面外傷後遺症に対する漢方薬使用経験例の検討』
令和3年10月2日 東京コンファレンスセンター・品川