日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

リウマチ科

 大分赤十字病院リウマチ科は、現在、医師2名体制で、土・日・祝日等を除く毎日外来診療を行っています。 リウマチ膠原病等の事でお悩みの方は、ぜひ当院リウマチ科を受診ください。

医療機関の認定

日本リウマチ学会認定教育施設

現状及び特色

 リウマチ科は関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎、血管炎などの膠原病を中心とした診療をおこなっています。当院では昭和60年6月よりリウマチ膠原病の専門外来を開設し、現在は立川、梅木の常勤医2名に加え、安倍が非常勤で外来及び入院診療にあたっています。

 平成28年の通院患者さんは約850名、通院患者さんの約4割を関節リウマチの患者さんが占めています。平成28年の新規患者は約260名、大分県内外約90の医療機関より185名の患者さんを御紹介していただいています。入院患者さんは延べ約380名で、6割程度が関節リウマチの患者さんとなっています。

 関節リウマチの診療は近年、診断・治療の両面において劇的に変化しています。診断においては、2010年(平成22年)、米国リウマチ学会及び欧州リウマチ学会が関節リウマチの新たな分類基準を発表し、発症早期、関節の変形をきたす前に関節リウマチを診断する事が可能になっています。当科ではこれに加え、関節超音波やMRIを併用し関節リウマチの早期診断の実現に取り組んでいます。

 治療においては、MTXを中心とした抗リウマチ薬に生物学的製剤を積極的に用いる事で、発症早期の関節リウマチでは治癒を目指した治療が現実の目標となってきました。当科でも、それらの製剤を積極的に使用し、かつ従来の治療法を疎かにすることなく関節リウマチを治療しています。

 膠原病の治療に関しても近年新規の治療薬が次々と認可されています。2010年にエンドキサンパルス療法などの免疫抑制療法が全身性エリテマトーデスをはじめとする様々な膠原病の病態に対して、また同年に好酸球性肉芽腫性多発血管炎(アレルギー性肉芽腫性血管炎)及び皮膚筋炎に対する免疫グロブリン大量療法が適応となりました。2015年(平成27年)には全身性エリテマトーデス、ループス腎炎に対して、ミコフェノール酸モフェチル(MMF)、ハイドロキシクロロキン(HCQ)が認可され国際的な標準療法、ガイドラインに則った治療が可能となりました。

 当科では以前よりエンドキサンパルス療法などが必要と判断された患者さんには充分な説明の上、同意を得て治療を行っていました。MMFやHCQも認可がおりて以来、必要とする患者さんに積極的に導入しています。

診療担当表

立川 裕史
安倍 いとみ 立川 裕史
立川 裕史
安倍 いとみ
清永 恭弘
手術日等

医師紹介

立川 裕史 たつかわ ひろし

リウマチ科部長

専門分野
内科、リウマチ科、膠原病
専門医・認定医
日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医
日本リウマチ財団登録医

清永 恭弘 きよなが やすひろ

リウマチ科医師

専門分野
リウマチ科、膠原病
専門医・認定医
日本内科学会認定内科医
日本リウマチ財団登録医

実績

 外来は、月曜日から金曜日まで行っています。関節リウマチ、膠原病だけでなく、不明熱や原因不明の関節疾患など幅広く対応しています。関節リウマチにおいてはリハビリテーションと合併症検査を兼ねた2週間程度の入院も行っています。

 今後も診断に難渋する症例がいらっしゃいましたら、遠慮なくご紹介頂ければ幸いです。

 

診療実績(平成28年)

●外来

 ・通院患者         約850名

 ・関節リウマチ       約370名

 ・全身性エリテマトーデス  約85名 など

 

●入院

 ・約380名

 

●関節リウマチへの生物学的製剤

 ・レミケード  19名

 ・ヒュミラ   13名

 ・シンポニー   4名

 ・シムジア   13名

 ・エンブレル  35名

 ・アクテムラ  26名

 ・オレンシア  29名