日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

リウマチ科

 大分赤十字病院リウマチ科は、現在、医師3名体制で、土・日・祝日等を除く毎日外来診療を行っています。 リウマチ膠原病等の事でお悩みの方は、ぜひ当院リウマチ科を受診ください。

医療機関の認定

日本リウマチ学会認定教育施設
新リウマチ専門研修認定教育施設
膠原病・リウマチ内科領域基幹施設(日本専門医機構認定)

現状及び特色

 リウマチ科は関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎/多発性筋炎、シェーグレン症候群、血管炎、リウマチ性多発筋痛症、成人スチル病、IgG4関連疾患、偽痛風などの膠原病・リウマチ性疾患(全身性自己免疫疾患、自己炎症性疾患)の診療を行っています。

 当院では1985年にリウマチ・膠原病の専門外来が開設され、大分県の中心的施設として、これまで多くの患者さんの診療に従事してきました。現在は3名の常勤医で診療していますが、3名全員が日本リウマチ学会の専門医、うち2名が指導医を取得しており、レベルの高い診療を行っています。

 特に患者さんの多い関節リウマチの診療では、関節超音波検査などを使用した早期診断、生物学的製剤やJAK阻害薬などの新しい治療薬を使用した寛解導入治療と寛解維持療法に力を入れています。

 また当院では、リウマチセンターとして多職種専門職によるチーム医療を行っていることも特徴です。当科は整形外科と同じ病棟で診療しており、リウマチ内科医、整形外科医、看護師、病棟薬剤師、理学・作業療法士、ソーシャルワーカーなどが協力して薬物治療、外科的治療、基礎療法(ケア、患者教育)、リハビリテーション、生活支援などを行っています。

 また、赤十字病院の役割としては、急性期・救急医療も重要ですが、リウマチ・膠原病の診療では重篤な合併症や急激な病状の悪化などのため、緊急に入院治療を要する場合も多々あります。

 我々の施設では、そのような際には県内の各病院やクリニックの先生方から広くご紹介頂き、リウマチ・膠原病の急性期治療を担い、県内各地の先生方や患者さんたちが安心して治療していけるような体制づくりに努めております。

 昨年も多数の患者さんをご紹介頂きました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

診療担当表

医師紹介

石井 宏治 いしい こうじ

副院長 兼 リウマチ科部長

専門分野
内科、リウマチ科、膠原病
専門医・認定医
The Best Doctors in Japan
リウマチ科2022-2023
日本内科学会認定医
日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員
九州リウマチ学会運営委員・学会誌編集委員
日本リウマチ財団登録医

清永 恭弘 きよなが やすひろ

リウマチ科副部長

専門分野
内科、リウマチ科、膠原病
専門医・認定医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本リウマチ財団登録医
日本リウマチ学会登録ソノグラファー
日本骨粗鬆学会認定医
日本温泉気候物理医学会温泉療法医
ICD

児玉 尚吾 こだま しょうご

リウマチ科医師

専門分野
内科、リウマチ科、膠原病
専門医・認定医
日本内科学会内科専門医
日本リウマチ学会専門医
日本リウマチ学会登録ソノグラファー

診療実績

●2022年 年間外来患者総数 8,950名
年間外来患者実数 1,722名
関節リウマチ 992名
全身性エリテマトーデス 195名
シェーグレン症候群 176名
リウマチ性多発筋痛症 168名
血管炎 59名
皮膚筋炎/多発性筋炎 79名
全身性強皮症 35名  など

●2022年 年間入院患者総数 5,682名
年間入院患者実数 808名
関節リウマチ 716名
全身性エリテマトーデス 64名
リウマチ性多発筋痛症 109名
血管炎 29名  など

●2022年 年間紹介新規患者数 208名

 外来は月曜日から金曜日まで行っています。関節リウマチや膠原病だけでなく、不明熱や原因不明の関節炎など幅広く対応しています。関節リウマチの患者さんでは、生物学的製剤導入目的の短期入院、合併症検査とリハビリテーションを兼ねた1-2週間程度の入院なども行っています。診断や治療などで難渋する患者さんがおられたら、遠慮なくご紹介頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

 

業績集(2022年)

【論文】

●Comprehensive lipidomics of lupus-prone mice using LC-MS/MS identifies the reduction of palmitoylethanolamide that suppresses TLR9-mediated inflammation.
Ozaki T, Kamiyama N, Saechue B, Soga Y, Gotoh R, Nakayama T, Fukuda C, Dewayani A, Chalalai T, Ariki S, Ozaka S, Sonoda A, Hirose H, Gendo Y, Noguchi K , Sachi N, Hidano S, Maeshima K, Gotoh K, Masaki T, Ishii K, Osada Y, Shibata H, Kobayashi T.
Genes Cells. 2022 Jul;27(7):493-504.

●Kikuchi’s Disease with Histiocyte-Dominant Synovial Fluid: A Case report
Kiyonaga Y, Kuboyama Y, Nakano S, To K, Ozaki T, Tatsukawa H, Ishii K, Shibata H
Clin Rheumatol Rel Res 34: 137-143, 2022

●急性の多関節炎を契機に判明したHeerfordt症候群先行レフグレン症候群の一例
児玉尚吾, 清永恭弘, 今田千晴, 尾崎貴士, 石井宏治, 柴田洋孝
九州リウマチ 42 : 29-35, 2022

 

【学会】

●SARS-CoV-2 ワクチン接種後に発症したANCA関連血管炎の2例
児玉尚吾、清永恭弘、今田千晴、尾崎貴士、石井宏治、柴田洋孝
第63回九州リウマチ学会 3.12-13, 2022. 久留米

●生物学的製剤投与目的の短期入院中に継続的作業療法を行ったサルコペニア併発関節リウマチ患者の臨床的検討
安部大我、清永恭弘、児玉尚吾、田崎綾花、今澤良精、石井宏治
第63回九州リウマチ学会 3.12-13, 2022. 久留米

●多発血管炎性肉芽腫症に合併した血栓性微小血管症にリツキシマブが有効であった一例
首藤航太、梅木達仁、白神浩平、 安部佑、大村雄一、堀田美鈴、安倍いとみ、森山かおり、今田千晴、尾崎貴士、石井宏治、柴田洋孝
第63回九州リウマチ学会 3.12-13, 2022. 久留米

●非定型大腿骨骨折を生じた関節リウマチの 4 例
清永恭弘,児玉尚吾,今田千晴,立川裕史,石井宏治,藤井陽生,瀬尾健一,河村誠一,尾崎貴士,柴田洋孝
第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 4.25-27, 2022 横浜(ハイブリット)

●水痘・帯状疱疹ウイルス髄膜脳炎を契機に急性散在性脳脊髄炎様の多彩な神経学的異常を呈した神経精神ループスの一例
安部 佑, 梅木 達仁, 白神 浩平, 首藤 航太, 大村 雄一, 堀田 美鈴, 安倍 いとみ, 森山 かおり, 今田 千晴, 尾崎 貴士, 前島 圭佑, 石井 宏治, 柴田 洋孝
第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 4.25-27, 2022 横浜(ハイブリット)

●当科においてリコンビナントゾスターワクチン(RZV)を接種した全身性自己免疫疾患40例の臨床的検討
清永恭弘、濱野峰子、児玉尚吾、今田千晴、尾崎貴士、石井宏治、柴田洋孝
第64回九州リウマチ学会 9.3-4, 2022. 大分

●SARS-CoV-2ワクチン接種後に発症したリウマチ性多発筋痛症の2例
児玉尚吾、清永恭弘 、今田千晴 、尾崎貴士、石井宏治、柴田洋孝
第64回九州リウマチ学会 9.3-4, 2022. 大分

●生物学的製剤投与目的の短期入院中に継続的に作業療法を行った高齢関節リウマチ患者10例の臨床的検討
安部大我、清永恭弘、児玉尚吾、田崎綾花、原尻豊、瀬尾健一、石井宏治
第64回九州リウマチ学会 9.3-4, 2022. 大分

●RTXを用いたANCA関連血管炎寛解導入療法におけるCMV感染リスクの検討
今田千晴、梅木達仁、白神浩平、安部佑、大村雄一、堀田美鈴、安倍いとみ、森山かおり、尾崎貴士、石井宏治、柴田洋孝
第64回九州リウマチ学会 9.3-4, 2022. 大分

●ANCA関連血管炎の寛解導入療法におけるリツキシマブ併用による長期予後及びステロイド減量効果の検討
尾崎貴士、佐伯菜穂、梅木達仁、白神浩平、安部佑、大村雄一、堀田美鈴、安倍いとみ、森山かおり、今田千晴、石井宏治、柴田洋孝
第64回九州リウマチ学会 9.3-4, 2022. 大分

●SLEとIgG4関連腎臓病が合併した一例
白神浩平、梅木達仁、内田大貴、 首藤航太、安部佑、大村雄一、堀田美鈴、安倍いとみ、森山かおり、今田千晴、福田顕弘、尾崎貴士、石井宏治、柴田洋孝
第64回九州リウマチ学会 9.3-4, 2022. 大分

●進行性の認知機能低下、幻覚を認めた再発性多発軟骨炎の一例
安部佑、梅木達仁、内田大貴、白神浩平、 首藤航太、大村雄一、堀田美鈴、安倍いとみ、森山かおり、今田千晴、尾崎貴士、織部元廣、石井宏治、柴田洋孝
第64回九州リウマチ学会 9.3-4, 2022. 大分

●関節リウマチ患者に発生したニューモシスチス肺炎の生命予後リスク因子:多施設後ろ向き観察研究
森俊輔、植木幸孝、宮村知也、石井宏治、日高利彦、吉玉珠美、末永康夫、中村和芳
第37回日本臨床リウマチ学会 10.29-30, 2022 札幌

 

【講演】

●実臨床における高齢関節リウマチ患者の治療とマネジメント
石井宏治
第14回地域連携二豊リウマチフォーラム 2.25, 2022. 中津市

●関節リウマチの基本から最新の治療まで ーRA診療において高まる薬剤師さんの役割ー
石井宏治
大分県病院薬剤師会3月例会 3.15, 2022. 大分市

●JAK阻害薬の切り替え治療について
石井宏治
JAKi Expert Seminar in 別府 9.14, 2022. 別府市

●分子標的薬による関節リウマチ治療の進歩と課題
石井宏治
第37回日本整形外科学会基礎学術集会 フェニックスセミナー 10.14, 2022. 宮崎市

【研究会】

●アニフロルマブを使用したSLEの一例
児玉尚吾、清永恭弘、今田千晴、石井宏治
サフネロー適正使用推進講演会 in 大分 8.4, 2022. 大分