日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

歯科・歯科口腔外科

 歯科・口腔外科では口腔外科診療を中心に診療を行っています。

 口腔外科の治療について、一般の方はあまりなじみのないものかもしれません。当院口腔外科の治療の代表的なものは、おやしらずの抜歯をはじめ、口腔がん(舌癌、歯肉癌など)の治療、顎の骨の骨折の治療などです。

 高い専門性の必要な治療が多いため、一般の歯科治療(虫歯,歯周病,義歯の治療など)は行っていません。

 当科では口腔がんの早期発見に取り組んでいます。舌がんや歯肉がんなどの口腔がんは患者さんご自身でも見つけることが可能な病気ですが、進行した状態で見つかることが多い病気です。

 受診される口腔がんの患者さんの多くは歯科医院から紹介される患者さんですが、ご自身で口腔がんを疑い、当院を受診されて、早期に口腔がんを発見された患者さんも多く、このような患者さんのお役にたてるように口腔腫瘍外来で口腔がんの早期発見に取り組んでいます。

 治らない口内炎、口の中にしこりがあるなど口腔がんを疑う症状にお悩みの方は、お気軽に口腔腫瘍外来を受診されてください。(口腔腫瘍外来では、紹介状をお持ちでない患者さんも診療いたします。ただし、紹介状をお持ちでない患者さんは選定療養費が必要になります。)

 私達の治療で、少しでも多くの患者さんのお役にたてるよう日々の診療を行っております。

医療機関の認定

日本口腔外科学会専門医制度専門医・指導医研修施設
歯科医師臨床研修指定研修施設(単独型)
地域歯科診療支援病院
日本口腔ケア学会認定口腔ケア施設

現状及び特色

 大分赤十字病院 歯科口腔外科では、二次医療機関の病院歯科口腔外科として、かかりつけ医院(一般開業歯科医院あるいは開業医院)、一般病院、大学病院との連携を前提に、情報提供された患者さんの外来診療・外来手術や入院治療・手術を行っています。したがって一般歯科診療(むし歯や入れ歯など)はかかりつけ歯科医院や近くの開業歯科医院に逆紹介で診療をお願いしています。

 診療内容は、埋伏歯(親知らず、過剰埋伏歯など)や歯周病の歯の抜歯、全身疾患を有する患者の歯科口腔外科治療、口腔顎顔面外傷(顔面裂傷、歯牙外傷、顎骨骨折など)、歯性感染症(炎症)、顎変形症、顎関節症、嚢胞性疾患、良性腫瘍、悪性腫瘍(舌癌、歯肉癌など)、口腔粘膜病変(口内炎、扁平苔癬、白板症、口腔カンジダ症など)を中心に診療を行っています。

 特に悪性腫瘍につきましては、地域がん拠点病院の歯科口腔外科として、口腔癌の患者さんにより専門的かつ総合的な治療を提供できるように、手術、化学療法、放射線治療、補綴治療、緩和ケアなどの一貫治療を行っております。口腔癌の手術では、口腔癌の切除のみではなく、切除後の機能的・審美的回復を目的とした微小血管吻合を伴う遊離組織移植による再建手術も積極的に行っております。

 さらに、口腔癌をはじめとして顎骨切除が行われた症例ではデンタルインプラントが保険適応となっておりますので、当科では適応患者にデンタルインプラントを固定源とした義歯の作成も行っており、インプラント義歯を装着された患者さんは術後の咀嚼機能が飛躍的に改善しております。

 また、病院内の歯科として、医科入院患者さんの手術前後や抗がん剤・放射線治療中の患者さんの口腔ケアを積極的に行い、口腔衛生状態の改善、摂食機能の向上、さらには術後肺炎などの合併症の予防に努めております。

 外来の新患受付は月・火・木・金曜日(水曜日は手術日)の8時30分から11時までですが、歯性感染炎症や口腔顎顔面外傷などを中心とした救急症例については受付時間外でも可及的に対応しております。

 スタッフは常勤歯科医師4名(日本口腔外科学会認定口腔外科専門医3名)、歯科衛生士3名(日本口腔ケア学会認定衛生士1名)、非常勤歯科衛生士2名、歯科技工士1名で、エビデンスレベルの高い正しく無駄のない臨床をモットーに日々研鑽しております。

診療担当表

医師紹介

山本 晃三 やまもと こうぞう

歯科・口腔外科部長

専門分野
口腔外科、口腔癌
専門医・認定医
日本口腔外科学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
歯学博士

平井 英治 ひらい えいじ

歯科・口腔外科副部長

専門分野
口腔外科、口腔癌、顎口腔再建、マイクロサージャリー
専門医・認定医
日本口腔外科学会口腔外科指導医
日本口腔腫瘍学会口腔がん専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
インフェクション・コントロールドクター

朴 真実 ぱく ちんしる

歯科・口腔外科医師

専門分野
歯科口腔外科
専門医・認定医
日本口腔外科学会認定医

山野 啓吾 やまの けいご

歯科・口腔外科医師

専門分野
口腔外科
専門医・認定医

診療実績

●診療実績(令和元年)

新患総数 5102人(休日・時間外・夜間の受診患者数は92人)
紹介患者 4018人
紹介率  78.8%

入院患者数 38人
全身麻酔下での手術件数 22件

 

全麻手術内訳 【( )は局麻手術 】

抜歯 (局麻2838例)
歯槽外科手術 (局麻19例)
良性腫瘍・嚢胞  4例(局麻133例)
消炎手術     (局麻84例)
唾液腺疾患    4例(局麻22例)
顎顔面骨折    0例(局麻10例)
前癌病変     (局麻12例)
癌        18例(局麻2例)
再建外科     7例
インプラント   (局麻3例)
(重複を含む)

 

<業績集>

■発表

第89回日本口腔外科学会九州支部学術集会 2021.5.29 
腓骨皮弁壊死に対して皮弁壊死後の移植腓骨を用いて大胸筋皮弁で救済を行った一例
朴真実 平井英治 西川健 山本晃三

第22回口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会 2021.8.2~15
大分赤十字病院歯科口腔外科における下顎骨骨折に関する臨床的検討
西川健

第66回日本口腔外科学会総会・学術集会 2021.11.12 
シンポジウム「口腔外科における上顎再建の展望」
自科再建導入における上顎亜全摘後再建
平井英治 去川俊二 朴真実 西川健 山本晃三

第66回日本口腔外科学会総会・学術集会 2021.11.12~14
当科における下顎歯肉扁平上位癌の術後再発転移症例に関する臨床的検討
西川健 朴真実 平井英治 山本晃三