日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

看護部

看護部メイン画像

看護体制について

医療安全推進室

医療事故や院内感染の防止と、安全かつ適切な医療を患者さんへ提供するため 日々医療安全活動に取り組んでいます。

医療連携・患者支援センター

「医療連携・患者支援センター」では、紹介患者さんの事前予約・ベッド調整・退院支援など、地域の医療機関との連携を強化し、患者・家族が安心して治療・療養が続けられるように、看護師・訪問看護・ソーシャルワーカー・事務職員などが協働して支援を行っています。

また「がん相談支援室」(医療連携患者支援センター内)では、がんに関する悩みや心配事の相談の他に、セカンドオピニオンや緩和ケア外来の手続きも行っています。さらにいろいろな療養上の相談を専門の知識を持った相談員やがん看護専門看護師や認定看護師が対応しています。スタッフ一同「安心できる療養生活」支援に向けこころを込めてお手伝いをさせていただいています。

写真

訪問看護ステーション

急性期医療の病院に併設する訪問看護ステーションとして、質の高い専門性を目指しています。主な活動として①カテーテル管理(胃瘻・膀胱瘻・腎瘻・PTCD・在宅IVH)②ストーマ・創傷ケアは皮膚・排泄ケア認定看護師と連携③医療連携のもとでの緩和ケアを24時間体制で対応しています。

当訪問看護ステーションは病棟と連携を密に行い、退院後の医療処置(使用する器具・衛生材料・手技)や社会資源について、病棟看護師と共同で退院指導を行っています。また、かかりつけ医の紹介、転院先の紹介などを行い幅広い地域支援を目指しています。病院と在宅での医療・看護連携の要として患者・家族支援に取り組んでいます。

写真

マップから見る

館内マップ

閲覧したい病棟をお選び下さい。

東3病棟 整形外科

写真

病棟について

整形外科の単科病棟です。対象年齢は小児から高齢者まで幅広く、手術治療を中心に急性期医療・看護を担っています。私たちはチーム医療に取り組み、周手術期患者さんが、安心して手術に臨めるよう支援し、回復期は基本的生活援助と同時に、リハビリを中心とする自立に向けた介入を行っています。また、大腿骨頸部骨折は、連携パスを活用して、地域医療機関と連携し、計画的な転院や退院支援を実践しています。

東4病棟 外科

写真

病棟について

外科単科の病棟です。肝胆膵、消化器疾患など、周手術期の看護を中心に、化学療法や終末期の看護、緩和ケアに取り組んでいます。周手術期の看護では、術前から、理学療法士や歯科衛生士・口腔外科医師等と協働し、術後肺炎予防についてシステム化を図り、効果をあげています。術後早期回復を促し、患者さんの背景を把握した上で、退院後支障なく生活が出来るような退院指導や、訪問看護ステーションとの連携を密にした退院計画を実施しています。

東5病棟 糖尿病・代謝内科・リウマチ科・歯科口腔外科・神経内科

写真 写真

病棟について

糖尿病コントロールや教育を目的とする患者さん、関節リウマチの治療や教育を目的とする患者さん、脳卒中急性期の患者さん、口腔内のがん治療をする患者さんなど多岐にわたる患者さんが入院しています。

急性期の治療として脳卒中の患者さんには血管内治療やt‐PAなどの治療からリハビリ、歯科・口腔外科の患者さんは手術前後のかかわりを、慢性疾患の糖尿病患者さんには「with」、関節リウマチの患者さんには「ひだまり」というテキストを用いて学習会を行っています。患者さんやそのご家族に寄り添うことをモットーに多職種と連携し、この病院に来てよかったと感じていただけるよう一人一人に応じた医療・看護を提供しています。医師・看護師間、多職種とのコミュニケーションも良好で、笑顔の絶えない病棟です。

東6病棟 呼吸器内科・消化器内科

写真

病棟について

平成28年11月から、呼吸器内科と呼吸器外科を統合し、呼吸器センターとしてスタートしました。呼吸器疾患の患者さんに対して、内科・外科が連携し治療にあたることで、切れ目のない診療を目指しています。また、東6病棟は病院最上階に位置し、別府湾や大分市の街並みを望み、療養中の癒しとなっています。わたしたち看護スタッフは、医師や他のコメディカルと共に、患者さんが検査や治療を安全・安楽に受けられるよう心がけています。患者さんやご家族の意向を尊重し、心に寄り添う看護を目指しています。

西4病棟 循環器内科・脳神経外科・腎臓内科・救急部

写真 写真

病棟について

私たちの病棟は、循環器内科・脳神経外科・総合診療科・外科の混合病棟です。また夜間救急病床があり、緊急入院を多く取り扱っています。西4病棟のモットーはコラボレーションです。患者さんを援助していく上で、医師・看護師間の連携はもちろん、薬剤師・医療事務者・栄養士・リハビリテーション科・放射線科・検査部などとの連携がとても大切です。スタッフ一丸となって、患者さんに安全・安楽・安心な医療を提供できるよう心がけています。

西5病棟 外科・産婦人科

写真

病棟について

2016年9月に産科が休止となり、病棟再編で婦人科・泌尿器科・腎臓内科に編成が変わりました。良性・悪性疾患の手術や検査、またその後の化学療法を行う婦人科、泌尿器科と生活習慣病の一つである腎臓病を扱う腎臓内科を担当しています。どの科もプライバシーの保護とインフォームドコンセントが大切と考えています。また、本人の意思決定支援や問題解決のプロセスを支えるため、医師、看護師はもとより、薬剤師、栄養師、ソーシャルワーカーなどと連携しています。

西6病棟 消化器内科・小児科・泌尿器科

写真

病棟について

消化器科・肝胆膵内科・小児科の混合病棟です。小児科は、急な入院が多いので、ご家族の心配も強く、特に、乳幼児は訴えることができないため、看護師は細心の観察力と細やかで確実な看護技術が提供できるよう努めています。消化器科は、症状の変化に注意し、不自由さを感じないよう、安心して入院生活が送れるように努めています。

又、クリティカルパスを取り入れた検査を実施し、肝・胆・膵センターの充実をはかり、外科とも連携をとりながら治療が行われています。また消化器内視鏡検査・治療が多数施行されています。専門的知識、技術の習得に加えて、日常生活援助者としての役割や精神的援助が必要です。患者さん・ご家族の思いを大切にし、安全で安心した治療・看護提供を目指しています。

手術室

写真 写真

全科の手術があり、長時間手術や緊急手術が年々増えています。緊急手術に備え夜間・休日も全科に対応できます。患者さんの安全・安楽を守るという手術室本来の看護を目指し、日々知識と技術を高めています。

積極的に術前・術中・術後訪問を行い、手術に関する情報を提供し、個々の患者さんの不安の緩和、又信頼関係を大切にし、入室時温かく迎えられるよう配慮しています。現在固定チームナーシングを取り入れ、手術室看護の独自性及び専門性の役割を考えながら、質の高い周手術看護が提供できるように努力しているところです。又安全に手術が遂行されるよう麻酔医、医師、コメディカルとの「チーム医療」を実践しています。

ICU病棟

写真 写真

高度な集中治療を必要とする急性期の患者さんが入院するユニットです。患者さんの権利・意見を尊重するとともに、超急性期の生命危機を脱し、一日も早く回復期に入れるよう集中看護を行なっています。また閉鎖された環境なので、患者さん・家族の精神面への細かい援助を心がけています。

外来

外来は、一日平均500人の患者さんが来院します。診療科29科、放射線科、内視鏡室、人工透析室、外来化学療法室、中央処置室、入院説明室で構成されています。看護外来では、CAPD外来、ストマ外来、緩和ケア外来などで質の高い看護の提供を行っています。内視鏡技師、がん化学療法看護認定看護師、透析療法指導看護師、CAPD指導看護師、糖尿病療養指導士、肝炎コーディネーターなどの資格を有する看護師がおり、安心安全な診療、検査、治療が提供できるように努めています。

また外来から入院へ移行する患者さんに対しては、入院説明室で説明を行うことで、患者さんが安心して入院治療を受けられるように支援しています。外来患者さんやご家族の方が安心できる環境を整え、心のこもった看護の提供を目指しています。

写真 写真写真 写真写真 写真

救急部

写真

当院の救急外来では、救急医と各専門家とのコラボレーションで成り立っております。 地域の救急医療に貢献するべく日々邁進しております。