日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

臨床研修医インタビュー

臨床研修医インタビュー

医師・臨床研修医 紹介

宮﨑 周也先生

勤務5年目/呼吸器内科医
宮﨑 周也 先生

西山 譲幾先生

勤務2年目/研修医
西山 譲幾 先生

小山 旅人先生

勤務1年目/研修医
小山 旅人 先生

研修医時代は
医師としての将来を賭けた勝負の2年間

どれだけの経験を積むかが将来を左右する、研修医時代。その貴重な日々を大分赤十字病院で過ごすメリットは?3名の先生による本音トークをご紹介します。


大分赤十字病院(日赤)を研修先に選んだのはなぜですか?

宮﨑 : 地元の大分を出るつもりがなかったというのが大前提。そして内科の研修がしっかりできて、街なかにある病院だというところに魅力を感じたからです。忙しい仕事だけに、街が近いとプライベートも充実させやすいと思って。

小山 : そうですね、街が近くて便利なところは魅力の一つですね。僕は将来的に外科を目指しているので、病院説明会で外科の症例数が多いと聞いたのも決め手になりました。

西山 : 僕は大分県出身じゃないので、実は県外に出ようと考えていたんです。ところが、希望する病院の倍率が高くて。迷っていたところ、大学の先輩だった宮﨑先生から「日赤はいいよ」って話を聞いて、何度か見学にも来させてもらいました。そのとき、研修医の先生が点滴や注射やカメラやさまざまな処置をやらせてもらっているのを見て、すごいな、勉強になるなあと。それで結局、ここに決めました。


先輩から聞くリアルな話は、何よりの決定材料になりますね。

西山 : 宮﨑先生は学生時代、部活の先輩だったんですけど、仲の良い先輩から聞いた「楽しい」という言葉は何より説得力がありました。

小山 : そもそも、大学の先輩がたくさんいるというだけで、楽しく学びやすい環境だろうなあという印象でしたね。

実際に研修期間を過ごすなかで、この病院を選んで良かったなあと思うのはどういうところですか?

小山 : 手技をたくさん実践させてもらえるところです。おそらく、多くの学生さんが手技をたくさん学べる病院を探していると思いますが、ここでは内視鏡、気管支鏡、挿管、CVなど研修医のうちに身につけておかなければならない手技がたくさん経験できます。指導医の先生がやり方を丁寧に教えてくださるし、ダメなところはダメときちんと言ってもらえる良い指導環境が整っています。

宮﨑 : そうだね。手技にかかわらず、研修医の2年間で何でも身につくのではないかと思うくらいの幅の広さもメリットだと思います。耳鼻科と眼科以外はすべての科がありますから。専門科を定めずに研修に入った僕にとって、専門を見極めるには最適だと感じました。

西山 : それから、コメディカルの方々と医師や看護師との関係が良いので、誰に質問しても丁寧に教えてくれるところも良いなあと思いますね。研修医時代、とくに1年目は本当にわからないことが多いので、心強いです。

小山 : あと若手の先生、中堅の先生、ベテランの先生がバランスよくいるところもいいなあと思うんです。何年目のときにこれくらいのレベルっていう目標ができやすいなあって、思います。

宮﨑 : この病院で何でもこなせるようになれば、研修後の3年目がそんなに怖くないですよ。そういう意味では、研修の2年間が頑張りどきってことですけどね!

逆に、不安に思ったことはありませんか?

西山 : 研修医とはいえ、医師として患者さんをひとりで診る時は緊張するものですが、先生方が付いていてくださる安心感から、徐々に緊張はなくなってきました。たとえばこの病院は、研修医がまったくひとりで当直を任されることがありません。自力で来院された方には、研修医が問診や検査を担当し、医師に相談します。最初に自分で考えたあと、次は一緒に医師の先生が対策を考えてくださるというステップがとても勉強になっています。

宮﨑 : 大分赤十字病院は救急照会も多いですが、当直の時でも救急の場合は最初から医師が一緒に診てくれますし、救急の研修期間はずっと救急車の対応をすることで、かなりの対応力が備わると思います。

小山 : 当直が研修医ふたり体制という病院もあると聞いていますが、ここは研修医がひとりです。不安というより、そのぶんいろんな経験を積めるというメリットの方を大きく感じています。

思っていたよりも大変だった!と感じたことはありますか? また、それにどう対応しましたか?

小山 : 僕は1年目が終わるところですが、今でも日々、いろんな壁に直面してばかりです(笑)。だから当直のときも困るとすぐ指導医の先生に連絡しちゃうんですけど、相手をしてくれない先生なんてひとりもいないし、方針を教えてくれるだけじゃなくて考えさせてくれる先生が多いので、ありがたいです。

西山 : 本当に、それはありがたいよね。夜中とか、自分の知識だけじゃどうしようもないことや、わかっていても自信がないときは申し訳ないけど先生に電話をして指示を仰ぎます。そんなとき「今から行くよ」と言って一緒に対応してくれたことが何度もありました。それを見て、次に同じ状況のときはひとりで対応できるようになるんです。

宮﨑 : 安定していた患者さんが急変する場合もあるし、どうしても、夜中の呼び出しはあるからね。家に帰れず連日病院に泊まるという日もあって、9時~17時で働いている他職種の同級生をうらやましく思ったこともあります。でも、これはあくまでも僕個人の意見ですけど、医師になるということはそういう覚悟が必要だということ。研修医時代に頑張っておかなければ何も身につかないと思うんですよね。

仕事とプライベートとのバランスは上手く取れていますか?

宮﨑 : 早く帰れるときは早く帰ったり、土日も休めるときは休んだり、飲みたいときは飲んだり!メリハリはきちんとつけられます。友達の結婚式にもちゃんと出られるし、旅行に出かけたい時には前もって予定を入れられるし。だよね?!

小山 : はい! 研修医時代からわりと融通がききます。僕はバンドをやっているのでライブ活動もしていますが、そういう時間を持つか持たないかは自分次第ですね。

宮﨑 : きのう、ライブ観たよ。イントロ忘れたでしょ(笑)?!

小山 : え、何で知ってるんですか(笑)!

西山 : (笑)。僕は趣味があまりないから休日は家でゴロゴロ。忙しい仕事ではありますが、毎日ずっとというわけでもないので、仕事終わりに友達と食事をすることもあります。最初の話に戻りますが、街なかに病院があるのでアクティブになりましたね。

宮﨑 : やっぱり、仕事終わりの1杯は美味しいよね。

西山・小山 : ですねぇ!

先輩、後輩のコミュニケーションもよく取れているようですね! 研修医同士の雰囲気はどうですか?

西山 : 研修医専用の部屋があって、それぞれのデスクに加えてソファなどもあります。

小山 : 常識すぎて先生たちに質問するのが恥ずかしいことを、仲間に気軽に聞いたり相談したりできるオアシスです(笑)。

宮﨑 : 病院によっては研修医も医師と同じ医局で過ごすみたいだけど、別々のほうがリラックスできるよね。

宮﨑先生は、どうして研修後にもこの病院を選んだのでしょうか?

宮﨑 : ここならしっかりと力がつくだろうと思いましたし、知識も情熱もある良い先生たちがいたからです。いちばん大きかったのは、先輩にすごく尊敬できる方がいたからですね。先ほども言いましたが専門を決めていなかったので、純粋に、その先輩のようになりたいという気持ちがありました。

西山 : 僕も、もうすぐ研修が終わりますが、この病院に残るんです。

宮﨑 : 3年目から、いよいよ主治医になって研修医を指導する立場になるね。

西山 : 宮﨑先生や他の先生たちを見習って頑張っていきたいと思っています。

宮﨑 : 3年目って、思っている以上に大変。だからこそ、研修医時代の2年間の過ごし方って大事だなあと思うんです。指導する立場になったら「何で?」に答えなきゃいけない。「何でだろう?」って返せば「この人に聞いてもダメだ」と思われちゃうから、僕は3年目でさらに勉強し直した感覚です。もちろん、わからないことを素直にわからないと言って、一緒に考えることも大切だけどね、場合によっては。

では、最後にみなさんが目指す「理想の医師像」を教えてください。

小山 : 「この先生がいるなら大丈夫」と言われる医師です。周囲に迷惑をかけないためにも、今のうちからしっかり勉強して、緊急時も難しい症例の治療方針にも対応できるようになりたいです。

西山 : 今ある緊張感を10年、20年と年数を重ねても持っていたいです。慣れてしまわず、患者さん一人ひとりにきちんと向き合うことを忘れずに頑張りたいです。

宮﨑 : 僕は信頼される医師になります! 先輩にも、後輩にも、患者さんにも「宮﨑先生が言うなら信頼できる」と思ってもらえるようになりたいですね。

大分赤十字病院は臨床研修医を募集しています

臨床研修医パンフレットを見る