日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

総合診療科

医療機関の認定

大分大学総合診療科専門研修連携施設

現状及び特色

 2016年より大分大学総合内科・総合診療科の御助力をいただき救急総合診療科という形で運営してきましたが、大分大学総合内科・総合診療科から2名の応援をいただけることとなり2020年4月より総合診療科の形で運営していくこととなりました。

 総合診療科はおもに内科外来で、どの専門診療科を受診したらよいかわからない患者の診療を行います。対応できる診療科があれば適切な診療科へ紹介し、対応できる診療科がない場合は当科で加療し経過を見ていきます。入院病床も5床確保しておりますので、そのような患者が入院する場合も当科で対応していきます。先生方がどの診療科に相談したらよいか迷われる場合には、是非ご相談いただければと思います。今年度より3名体制になりますので、より柔軟に対応できるのではないかと思っています。

 総合内科・総合診療科としては疾患の治療も重要ですが、それと同時にその患者や家族の退院後の生活がうまくいくように調整することも重要と考えています。院内では医療連携室やソーシャルワーカー、リハビリ担当者などと、院外ではケアマネージャーや施設の担当者、行政などと協力して、その患者の退院後を見据えた調整を行っています。

 2020年より臨床研修医の外来実習が始まります。当院では当科が指導を担当する予定です。一般初診外来およびその経過観察を経験することで、入院とは異なる外来診療の経験をつんでいただこうと思っています。また研修医教育の一環として、救急患者症例検討会を毎月末に開催しています。各科の先生方の参加のもと、昼食を食べながらのざっくばらんに研修医の先生が気になった症例の検討を行っています。

 当科は開設当初より大分大学の学生を臨床実習で受けいれてきました。主に救急外来や内科外来での診療の見学・介助を経験していただいていましたが、2020年度からも引き続き総合診療科の外来/入院で学生実習を受け入れていこうと考えています。

診療担当表

医師紹介

高橋 健 たかはし けん

救急科部長 兼 総合診療科部長

専門分野
内科
専門医・認定医
日本内科学会内科認定医/総合内科専門医/指導医
日本消化器病学会専門医
日本プライマリケア学会認定指導医
社会医学系指導医、日本救急医学会専門医
ICD
日本DMAT隊員(統括)
大分DMATインストラクター
MCLS管理世話人
JPTEC世話人
ICLS /JMECCディレクター
ITLSインストラクター

吉村 亮彦 よしむら かつひこ

総合診療科医師

専門分野
総合内科
専門医・認定医
認定内科医
総合内科専門医

平林 礼奈 ひらばやし あやな

総合診療科医師

専門分野
総合内科・総合診療科
専門医・認定医
日本内科学会認定医

実績

診療実績 (カッコ内は2018年の実績)

 総合診療科としては、外来患者1385名(1363名)、入院患者153名(154名)を担当しました。大きな増加は認めていませんが、紹介患者数は102名より136名、紹介元診療施設が65施設から77施設を確実に増加しており、徐々に先生方に認知していただいてきていると思っています。