日本赤十字社 大分県赤十字病院

大分赤十字病院は、患者に、職員に、地域医療機関に選ばれる病院を目指しています。

tel:097-532-6181

看護部

看護部メイン画像

看護部長挨拶

当院は地域の中核病院として「地域に信頼され、選ばれる病院」を目指しております。超高齢化社会において、病院完結型から地域完結型の医療が求められる中、地域で生活する患者さんや家族を支援するため、医療連携・患者支援センターを中心に、併設の訪問看護ステーションと連携をとり、外来・病棟・地域を結ぶ切れ目のない看護を実践していきます。

看護部の基本方針は「患者・家族の安全・安心・安楽の追求」「看護職員の安全・安心・安楽の追求」です。人間の尊厳を守り、患者・家族、看護職員の安寧を追求する基本方針を堅守しながら、時代に即応した質の高い看護の提供に取り組んでまいります。

そのために、職員1人ひとりが「人財」として成長し、自身の役割を自覚し、持てる力を精一杯発揮できるように、キャリア支援、ワークライフバランスの推進に取り組んでいます。一人ひとりが、やりがいをもって生き生きと働き続けることが出来る、そして、看護の喜びを感じ、輝き続けることが出来る職場にしていきたいと考えています。

看護部長写真

 看護部長 横井 直美

看護体制について

看護単位

7病棟 ICU 手術室 外来 滅菌・感染管理室

勤務体制

看護師配置 7:1看護 (平成19年5月1日より) 2交替

看護方式

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)

看護職員数

看護部長1名 看護副部長2名 看護師354名(嘱託・パート含む) 看護助手31名 看護部事務3名
(平成29年4月現在)